〒600-8119  京都府京都市下京区本塩竈町592-2 
 075-361-1482
 
 

令和3年 7月限定御朱印

【 2021/06/30 】
 
 

7月の月替わり御朱印  郵送受付用紙7月.pdf

①文月

「ふづき、ふみづき」と読み、その意味・由来・語源には諸説あり、なかでも、「文被月(ふみひろげづき、ふみひらきづき)」が略されて「文月」に転じたという説が有力だそうです。この文被月とは、書道の上達を祈って、短冊に歌や願い事などを書く、七夕の行事にちなんだ呼び方だとも言われているそうです。

ほかにも、収穫が近づくにつれて稲穂が膨らむことから「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくむづき)」が転じて「文月(ふづき)」になったという説、稲穂の膨らみが見られる月であることから「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあるそうです。

月の花は百合。

②月替わりの納経之証(写経・写仏奉納の方限定)

月の花の百合と風鈴。

今月もお預かり(後日取りに来て頂くか郵送にてお返し)か郵送でも対応させて頂きます。

過去分の御朱印をご希望の方はご連絡下さいませ。

福田寺様と2ヶ寺合同の御朱印申込書をHPにてご案内致しますので、そちらをご確認よろしくお願い致します。

 
 

令和3年6月限定 見開き御朱印 『雨宿り』と『紫陽花』

【 2021/05/31 】
 
 

6月限定見開き御朱印


1枚目『雨宿り』(浮き世は心次第)
心の持ち方で、この世は楽しくも苦しくもなるという事。
お地蔵様が見守ってくださっています。

梅雨でジメジメ、モヤモヤしますが心次第。
雨が降って鬱陶しく思うのか、雨が降ったからこそ良い事もあると思うのか。
コロナで色々不自由ですが心次第。
自由に安心して外出できませんが、だからこそ今やれる事がある。
そんな想いで今月はこの諺にしました。


2枚目『紫陽花』こちらは書置きのみ
紫陽花には「団らん」「和気あいあい」「家族」というような花言葉があります。
また、色によって花言葉がかわります。
ピンクは「強い愛情」「元気な女性」など。
青は「清澄」など。
紫は「辛抱強い愛情」「神秘」など。
他にもちょっと嫌な花言葉もありますが...。良いのだけにしときます。

また、月替り・納経之証もですが、奥様の消しゴムハンコの腕前があがってきておりますのでそこも見所です!!というか、〝そこが〟です!!
 
 

令和3年6月限定御朱印

【 2021/05/31 】
 
 

6月の月替り御朱印


1枚目
水無月。
田に水を入れる水月からという説があります。
水(み)な月は水の月。
「な」は現代語では「の」だそうです。
月の花は紫陽花。

2枚目

月替わりの写経・写仏奉納御朱印
納経の証。『願』(皆様の願いを祈願)
今月の花、紫陽花とホタル。
当寺近くの高瀬川でもホタルが見れます。

※緊急事態宣言中ですので、お預かり(後日取りに来て頂くか郵送にてお返し)か郵送で対応させて頂きます。
※過去分の御朱印をご希望の方はご連絡下さいませ。
※福田寺様と2ヶ寺合同の御朱印申込書をHPにてご案内致しますので、そちらをご確認よろしくお願い致します。



6月限定見開き御朱印

『浮き世は心次第』
心の持ち方で、この世は楽しくも苦しくもなるという事。
お地蔵様が見守ってくださっています。

梅雨でジメジメ、モヤモヤしますが心次第。
雨が降って鬱陶しく思うのか、雨が降ったからこそ良い事もあると思うのか。
コロナで不自由ですが心次第。
自由に安心して外出できませんが、だからこそ今やれる事がある。
そんな想いで今月はこの諺にしました。

郵送受付用紙6月.pdf
 
 

5月限定見開き御朱印

【 2021/04/29 】
 
 

5月限定見開き御朱印

『端午の節句』
もともと、5月5日は男の子の健やかな成長と幸せを祈ってお祝いする日でした。

1948年に、5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日と決められてから、端午の節句の日が、こどもの日にもなったそうです。
そのため本来は男の子のための日だったのが、今では子どもたちみんなが元気に育ち、大きくなったことをお祝いする日です。
また、子どものお祝いだけじゃなくて「お母さんに感謝する」という意味もあります。

郵送受付用紙5月.pdf

 
 
 
 

5月の月替り限定御朱印


1枚目
皐月。
田植の月という意味の早苗月(さなえづき)が省略され「さつき」、早苗の「さ」自体に田植の意味があるため「さつき」、さつきの「さ」を、神に捧げる稲の意味がある「皐(さ)」に置き換えたものなど、農作に関する説が多いです。
今月の花は藤。

2枚目
月替わりの写経・写仏奉納御朱印
納経の証の願(皆様の願いを祈願)
上段には、今月の花である藤。
下段には端午の節句に食べる、粽(ちまき)と柏餅。
関西では粽、関東では柏餅というのが多いみたいです。


※緊急事態宣言中ですので、お預かり(後日取りに来て頂くか郵送にてお返し)か郵送で対応させて頂きます。
※過去分の御朱印をご希望の方はご連絡下さいませ。
※福田寺様と2ヶ寺合同の御朱印申込書をHPにてご案内致しますので、そちらをご確認よろしくお願い致します。
 
 

これまでの御朱印

【 2021/04/28 】
 
 

これまでの月替わり御朱印です。

原則、過去の月替り御朱印は授与していませんでしたが、

時節柄ご希望の方がいらっしゃいましたら授与可能です。

その場合、ご連絡下さい。

過去分の授与させて頂く御朱印には「〇月」としか入りません。

 
 

御朱印(当寺の御朱印)

【 2021/01/01 】
 
 

当寺の御朱印を授与させて頂きます。

書き手不在の時は、書置き又は授与できない時もありますのでご了承ください。