〒600-8119  京都府京都市下京区本塩竈町592-2 
 075-361-1482
 
 

5月限定見開き御朱印

【 2021/04/29 】
 
 

5月限定見開き御朱印

『端午の節句』
もともと、5月5日は男の子の健やかな成長と幸せを祈ってお祝いする日でした。

1948年に、5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日と決められてから、端午の節句の日が、こどもの日にもなったそうです。
そのため本来は男の子のための日だったのが、今では子どもたちみんなが元気に育ち、大きくなったことをお祝いする日です。
また、子どものお祝いだけじゃなくて「お母さんに感謝する」という意味もあります。

郵送受付用紙5月.pdf